読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験②〜今のところ楽しそう

長女が塾に通い始めて3カ月半。

予想以上に楽しんで通っているようで、迎えに行くと、饒舌に学習内容を教えてくれます。普段は口数の少ない子なのに、特に算数の日はすごい勢いで喋って、ちょっとうるさいくらい(笑)。

テストも何度か受けていて、私からは名前を忘れずに書くことと、解答用紙は丁寧な字で書くことしか言っていないのですが、最近は彼女なりの戦略をもってテストに臨んでいる様子で、そんな話を聞くのもまたおもしろいです。

先日は、ちょうど塾に行く時間に、一駅だけ乗る電車が運転を見合わせるというトラブルがありましたが、ひとりで向かう途中、電車が動いていないことを知った長女は、その時間唯一助けてくれそうなおばあちゃん(私の母で近所に住んでいる。私と夫は仕事中)にキッズ携帯で電話して、駆けつけてくれたおばあちゃんとタクシーで向かったのだとか。知らない間に、自分でいろいろ考えられるようになったんだなあと、ちょっと感動してしまいました。まあ、おばあちゃんが近所に住んでいるからこそなんですけど。

中学受験本番のことを考えると、先のことすぎて気が遠くなって、早く始めすぎたなあと思ってしまう部分もありますが、習い事のひとつと考えれば、大好きな絵画教室と同じくらいに楽しんでいる様子なので、これはこれで良いかなと。

長女は今年度いっぱいで学童保育を卒業したいと言うので、その後の放課後の居場所確保のためにも、塾が一役買ってくれると助かるというのが働く母の本音だったりもします。